お客様のクレームは貴重な情報でもある

もし会社にクレームが来た場合、会社によってクレームに対する捉え方は違ってくると思います。

正直「またかよ鬱陶しいなあ」と思いながら、クレーム対応をする会社もあると思います。

でも、そのような会社は恐らく今後伸びることはないでしょうし、いずれは潰れてしまうかもしれません。

もちろん、こちらに非がないようなクレームであれば、そう思うのも無理はないかもしれませんが、こちらに問題があるのにそう思うのは、あまりに無責任だと言えるのです。

一方で、「お客様からのクレームは貴重な情報だ」と思える会社であれば、今後も伸びる可能性は大いにあります。

お客様に真摯に対応するのはもちろん、クレームの内容をしっかりと自社で共有し、それをどう改善していくかを考えることによって、サービスの向上にも繋がるのです。

要するに、お客様からのクレームを、ただ煩わしい存在だと捉えるのか、それとも会社が成長するためのチャンスと捉えるのか、それによって今後の会社の伸び具合も大きく変わってくるのです。

そもそも、全くクレームがないような会社は、それはそれで問題があるでしょうし、完全に見限られている可能性もあるわけです。

クレームがあるということは、それだけ期待をされているとも言えるので、そのクレームへの対応1つで、会社の印象は全く違ってくるのです。

クレームにしっかり対応するのは最低条件ですし、そしてなおかつその後の改善策もしっかりと考えていくことが大事なのです。